読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしのすきなもの

東京で活動しているバンド「わたしのすきなもの」です。 メンバーが気まぐれに更新します。

ひまぶろぐ2


こんにちは!

Gtのカヤモリです。


1週間前の2/3、遂に僕らの2nd mini album「messenger」をリリースしました。

思えば、長い、、、長いレコ発準備、、果たして。

いやはや、それだけの苦労分、いやそれ以上に良いものが出来たと思っています。



今日のブログでは、今回のCDの事を少し話したいと思っております。



まずCDのタイトル、messengerの意味について。

messengerは伝達者、使者って意味でこれは僕ら、わたしのすきなものを表しています。

っていうのも。

「わたしのすきなもの」ってバンド名を付けた時は、ただ自分達の好きな雰囲気で曲を作っていこうって考えだったんですけど、

1st mini album「Hello wondnerful world」を作った時に、曲を聴いて、感想を言ってくれる人が沢山いて。


これって、最初は(少し、頭の隅にはあったけれど)想像出来なかった事で。今思えば、「曲作ったら聴く人がいる」って、至極当たり前の事なんだけど。この人達の存在がとっても大きくありました。


なので2ndでは、

1st作る時には考えてなかった、聴いてくれる人達っていうファクターを加えたCD作りをしたくて。

なので、

わたしのすきなもの→曲

っていうプロセスを、

曲→聴いてくれる人達

に変えてしまおう、自分達はその仲介をしよう(伝達者になろう)。


っていう考えが元にあるタイトルです。


次に歌詞カードについて。

CDを買ってくれた人はわかると思うんですけど、歌詞が逆転写されて印刷されています。鏡文字みたいな感じ。

これには、1st→2ndで考えが変わった僕らと同じ様に、聴いてくれる人達にも考えを変えて(視点を変えて)もらおう、って思いで作りました。



CDに関して、以上です。

書き出してみて、新しく気づく部分もあって、改めて良いCDになったと言うか、思い入れの強いCDになったと感じています。


内容も、僕ら自信を持ってオススメ出来る、今のわたしのすきなものが入っていると思います。是非楽しんでくれると嬉しいです。



以上。